昭和34年  創業者西端正信が医薬品・化粧品・食品洗剤容器など中空成形の個人経営にて創業
昭和39年  中空成形としては困難とされていたポリカーボネート樹脂を初の国産成形機で開発
昭和40年  資本金800万円にて株式会社に組織変更
昭和43年  現本社所在地に工場新築
昭和45年  射出成形開始。射出成形工場、倉庫を新築
昭和48年  SRC2階建仕上加工工場新築。生産の合理化拡大を図る。従業員80名、年商6億円
昭和51年  本社第2期工事中空成形工場、原料倉庫を増築。企画設計部、機械工作部新設。資本金3000万円に増資
昭和54年  業界初のU.V.E印刷(紫外線焼付印刷)を開発
昭和55年  R.C2階建出荷ターミナルを新設。自社運送便部門を開設
昭和59年  全自動スクリーンU.V.E2色印刷機、曲面全自動オフセット4色カップ印刷機、全自動オフセット3色細形印刷機を導入
昭和62年  製品出荷管理課および品質管理課を新設
昭和63年  歯列間清掃用具糸ようじ用の特殊繊維開発及び糸の全自動インサート成形の設計開発
平成2年  本社第3期工事新射出成形工場、組立、仕上工場、新機械工作工場完成。国見工場(仕上・組立)を新築開設
平成4年  小丹生工場(二次加工・組立)を新築開設
平成8年  生産体制の即応性を図る為、製造生産管理部を新設。リードタイムの短縮、市場ニーズに柔軟かつ迅速に対応する工程管理を行う
平成12年  運送業者と発送、倉庫管理等の提携。物流の一括管理開始
平成16年  延伸ブロー成形機を導入する
平成17年  ISO9001の認証取得
平成20年  代表取締役社長に西端正康が就任
平成20年  完成品保全・リアルタイムなデリバリーに対応する為、倉庫新築
平成26年  東京台東区上野に東京営業所開設
 設立50周年を迎える